ソムリエ資格カテゴリ


ソムリエ資格コメント


ソムリエ資格トラバ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランスでは19正規半ばから後半にかけて、ブドウの病禍に見舞われたが、次の中から1878年~1889年頃にかけて流行った病禍を1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

1.ウドンコ病
2.晩腐病
3.ペト病
4.フィロキセラ


























========================解答と解説===================
アメリカ大陸のフィロキセラを始め、ニューワールドからさまざまな病害がフランスに入ってきました。1852年(オイディウム:うどん粉病)、1864年(フィロキセラ)、1878年(ミルディユ:べと病)は年代を追って覚えるようにしましょう。2.晩腐病は日本に多いカビ系の病害です。

解答:3
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ソムリエ試験問題 TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。