ソムリエ資格カテゴリ


ソムリエ資格コメント


ソムリエ資格トラバ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の1~4の中のぶどう栽培やワイン醸造に関する文書の中から正しいものを一つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。



1.ぶどう栽培やワイン醸造は紀元前2世紀頃に始められた。

2.シャンパーニュ地方やロワール地方はジュリアス・シーザーによって広められた。

3.18世紀にヨーロッパに持ち込まれたぶどうの病害はフィロキセラである。

4.ぶどうは、フランスからゴール人によりギリシャに広められた。











































































































































========================解答と解説===================
ワインの歴史の問題で、毎年2~3出題されていましたが、今回は概論としてはこの問題だけです。歴史は一度、年表を作ってみると覚えるのが簡単になります。同時に世界史の年表も近くにおいて勉強しましょう。1.はメソポタミア、エジプト、ギリシャ各文明では既にワインは造られていましたから、紀元前数千年前に作られていたことになります。したがって間違いとすぐわかります。3.は18世紀ではなく1860年代ですので、19世紀です。ケアレスミスに注意してください。4.ゴール人にはローマ時代にローマ人によってワインが伝わりました。正解の2.はジュリアス・シーザーの「ガリア戦記」を知っていれば答えられますね。同じ時期、今の南フランス、スペインを制圧したマルクス・ルシニウス・クラッススによってボルドー地方にワイン造りが伝わりました。

解答:2
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ソムリエ試験問題 TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。