ソムリエ資格カテゴリ


ソムリエ資格コメント


ソムリエ資格トラバ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の食中衛生法の食品等事業者に係る責務に関する記述の中から正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください


1.販売食品などの安全性の確保に係る知識及び技術の習得に努める
2.食品衛生管理者、またはその他全ての営業施設に置く食品衛生責任者から法令遵守や衛生管理上の問題に関する意見や指摘などの信玄を求めても、従う必要は全く無い。
3.食中毒等食品衛生上の危害の発生防止に必要な限度において、販売食品等またはその原材料の販売を行った者の名称その他必要な情報に関する記録を保健所の求めにより作成し、保存しなければならない。
4.食品衛生法上の危害あの発生防止のために、作成し、保存した記録は保管義務はあるが国や都道府県などへの提供は必要ない。























========================解答と解説===================
「食品衛生の基本理念は、安全な食品を消費者に提供すること。したがって、営業者、食品衛生管理者、従業者が三位一体となって、保健所より指摘される前に、積極的に食品の安全性を確保する」

以上の理念に沿って考えると、どこが違っているかがわかります。3.三位一体、ですから、意見は積極的に取り入れなくてはなりません。3.保健所の求め、がある以前から自主的に情報は整理しておかなくてはいけません。4.積極的に食品安全を考えるならば、原因究明に協力しなければなりません。
解答:1
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ソムリエ試験問題 TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。