ソムリエ資格カテゴリ


ソムリエ資格コメント


ソムリエ資格トラバ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の食中毒に関する記述の中から正しいものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください


1.感染型食中毒菌には、サルモネラ属菌、セレウス菌などがある。
2.毒素型食中毒には、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ金などがある。
3.ウイルス性食中毒の病院ウイルスには、エボラウイルス等がある。
4.動物性自然食中毒の病因物質には、フグ毒(テトロドトキシン)、下痢性・麻痺性貝毒(オカダ酸、サキシトキシン等)、テトラミンなどがある。























========================解答と解説===================
近年の食品の安全性に関する事件に伴い、平成15年、食品衛生法の抜本的な改正が行われました。1.ワインに使用される添加物は、酸化防止剤の亜硫酸ナトリウム、保存料のソルビン酸カリウムが指定添加物です。3.飲食店営業許可でよく知られる、都道府県知事などの曲阿を必要とする業種には、酒類製造業も含まれます。4.食中毒患者もしくはその疑いのある者を診断した医師は、最寄の保健所長に届出の義務があります。

解答:2
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ソムリエ試験問題 TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。