ソムリエ資格カテゴリ


ソムリエ資格コメント


ソムリエ資格トラバ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の感染症法の対象疾患に関する記述の中から誤っているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください


1.一類感染症は、エボラ出血熱、ペスト、ラッサ熱、天然痘など危険性が極めて低い
2.二類感染症は、細菌性赤痢、コレラ、急性灰白髄炎、ジフテリアなど危険性が高い。
3.三類感染症は、腸管出血性大腸菌感染症、パラチフス、腸チフスなど危険性は高くないが、感染症の集団発生を起こし
4.四類感染症は、エキノコックス症、黄熱、炭素、狂犬病など動物、飲食物などの物件を介して人に感染し、健康影響を与える恐れがある。
























========================解答と解説===================
様々な感染症があり、その危険性の高さにより、一類~五類に分類がされています。最も危険性が高いのが一類です。同様の出題が毎年ありますからその主な感染症名を覚えておく必要があります。3.パラチフス、腸チフスはに類感染症に分類されます。

解答:3
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ソムリエ試験問題 TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。