ソムリエ資格カテゴリ


ソムリエ資格コメント


ソムリエ資格トラバ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の1~4のドイツワインの品質分類に関する文章の中から、Qualitatswein mit Pradikatワインの条件と違うものを一つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。


1.いかなる場合でも補糖は一切認められない。

2.ワインは公的機関の品質検査を受け、公的検査番号をラベルに表示しなければならない。

3.13の特定栽培地域のうちの、一つの地域で収穫されたぶどうのみから造られたワインであること。

4.その果汁糖度に準じて6段階に分けられる。









































































































































========================解答と解説===================
「条件と違うもの」を選びます。QbaとQmPの違いを理解してください。そうすると答えが導かれます。1.補糖はQbAは行えますがQmPでは禁止されています。2.QbA、QmPともに品質検査を受けなければなりません。4.QmPは収穫時に分かれています。答えの3.はQbAは13地域内であればブレンドできますが、QmPはそれよりさらに細かいべライヒ地区内となります。

解答:3
スポンサーサイト
次の1~4のドイツのぶどう品種のを一つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。


1.Elbling

2.Bacchus

3.Regent

4.Regner









































































































































========================解答と解説===================
禁煙ドイツでは赤ワインが増えてきています。シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)はもちろん、ポルトギーザやトロリンガーに加えて、ドミナやドルンフェルダーという新しい交配種も出てきました。ドイツワインの消費税を補う赤ワインがどこまで伸びるのか興味があります。そして、レグナーです。今年はじめて出てきた品種で、今まで試験に出た音はないと思います。4.レグナーは最近のびている白品種ですので、一緒に覚えておきましょう。

解答:3
次の1~4のドイツワイン生産地域の中からFranken地域を流れる川の名前を一つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。


1.Main川

2.Elbe川

3.Regent

4.Donau川









































































































































========================解答と解説===================
ルーションの白品種です。あまり聞かない名前ですが、スペインが原産でカバの品種(マカベオ)としても知られています。1.コート・デュ・ローヌの南部やプロヴァンス、2.はVDNやVdlの品種、3.はプロヴァンスやコルスの品種です。

解答:4
次の1~4のCognac地方で生産されている飲料に関する文章の中から誤っているものを一つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。


1.Esprit de CognacはVin Mousseuxの調整などに使用されアルコール度は80~85度で、2回蒸留である。

2.Cognacの熟成表示でVielle ReserveはNapoleonより古い熟成のものである

3.Vin de LiqueurのPineau des Charentesは白とロゼが認められている。

4.Fine Champagneとは50%以上のGrand Champagneと残りPetite Champagneを混合したものである。









































































































































========================解答と解説===================
ラングドック=ローション地方と呼びますのえ、どこまでがラングドックでどこからルーションかわからなくなります。ワインの勉強の早道は地図を使って行うことです。難度も白地図を用意して、産地名を入れてみましょう。そして、AOC名にそれぞれにタイプ、主要品種も一緒に覚えるようにすると結構早く、そして正確に勉強できます。この問題ではとくにその方法が約二立つでしょう。2.と4.はVDNです。3,はスペインとの国境にある産地で、ここで造られるVDNはバニュルスです。

解答:1
次の1~4のLanguedoc-Roussillon地方で生産されているAOCワインの中からLangdoxを地区に属しているものを一つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。


1.Fitou

2.Maury

3.Collioure

4.Rivesaltes









































































































































========================解答と解説===================
重要項目に入っていましたので、きちんと勉強をしていた方には答えられたでしょう。薬草系の2.べ根ディ区所ん、3.シャルトリューズ(イーゼル県)や4.イザラ(バスク地方)は協会や修道院で滋養強壮の飲み物として作られるようになりました。その他、オレンジの皮を使うグラン・マニエやコアントローも覚えておいてください。1.アニゼットはアニス系の飲み物です。

解答:3
次の1~4のフランス産リキュールの中からIsere県で約130種の植物を原料として造られているものを一つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。


1.Anisette

2.Benedictine DOM

3.Chartreuse

4.Izarra









































































































































========================解答と解説===================
ボジョレ・ヌーヴォがあまりにも有名になりすぎ、他でも新酒が造られていることがあまり知られていません。でも、フランスにはいろいろな地方でヌーヴォが造られています。ロワール地方のミュスカデやアンジュのロゼが有名ですし、ブルゴーニュも白があります。ボルドーだけは造られていません。

解答:1
次の1~4のSud-Ouest地方のAOCワインの中からBergerac地区に属するものを一つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。


1.Gaillac

2.Cahors

3.Buzet

4.Madiran









































































































































========================解答と解説===================
南西地方のワイン産地とその地図上の場所を覚えることは用意ではありません。たぶん、この地方はスキップしてしまった受験生も多いのではと思います。勉強方法としては南西地方をベルジュラック、オート・ガロンヌ、ガイヤック、カオール、ピレネー地区に分けて地区ごとにAOCを覚えるようにすることです。最近、市場に出回るようになってきたワインがおおいので要注意地方です。

解答:3
次の1~4のSud-Ouest地方のAOCワインの中からBergerac地区に属するものを一つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。


1.Gaillac

2.Cahors

3.Buzet

4.Madiran









































































































































========================解答と解説===================
ボジョレ・ヌーヴォがあまりにも有名になりすぎ、他でも新酒が造られていることがあまり知られていません。でも、フランスにはいろいろな地方でヌーヴォが造られています。ロワール地方のミュスカデやアンジュのロゼが有名ですし、ブルゴーニュも白があります。ボルドーだけは造られていません。

解答:1
アルザス地方のワイン産地はヴォージュ山脈の香料にあり南北に約100Km、幅1~5Kmの帯状の斜面に広がっていますが、次の1~4の中からAOCの栽培面積として正しい物を一つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。


1.約10000ha

2.約15000ha

3.約20000ha

4.約25000ha









































































































































========================解答と解説===================
分からいな方は100Km*2.5(幅を半分として)などと考えたかもしれませんね。そうすると25000Haとなてしまいますね。傾向と対策としても説明がありませんでしたので、答え
られなかった方も多いでしょう。代表的な産地は大体の広さをまとめて覚えておくとよいですね。例えばボルドーは10万Ha、ブルゴーニュは5万Ha(半分はボジョレ)、シャンパーニュは3万Ha等です。そうするとなんとなくアルザスの広さが出てくるでしょう

解答:2
次の1~4の中からChateauneuf-du-Pape Rougeに使用できる法定13種のぶどう品種として認められていないものを一つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。


1.Mourvedre

2.Marsanne

3.Muscardin

4.Vaccarese









































































































































========================解答と解説===================
シャトー・ノフ・デュ・パプで使われる13のぶどう品種を覚えることは用意ではありません。かなり勉強して100点満点で合格する!ぐらいの意気込みを持っている方は簡単に答えられるのでしょうが、この問題ができなくてもそれほど気にする必要はありませんが、13の品種は南フランスで栽培されている代表的なぶどうが多いのですから、一度きちんと覚える事を勧めます。そうすると、南フランスのワインの勉強が楽になります。

解答:2

 | ソムリエ試験問題 TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。